新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・性病科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

男性の淋病

  • 男性の淋病

放置しておくと怖い男性の淋病

ノロウイルス

淋病が近年感染拡大しているのをご存知でしょうか。淋病というのは男女ともに感染する制行為感染症として知られている病気で、性器のクラミジア感染と同時に感染している事の多い疾患として知られています。

淋病の原因は淋菌と呼ばれる細菌が原因で、コンドームを利用しない無防備な性交渉やオーラルセックスを介して感染が拡大する事が知られています。性交渉によって感染するというのは広く知られている事なのですが、オーラルセックスでも感染が拡大してしまうというのは非常に珍しい事で、近年咽頭の淋菌の感染頻度が上昇傾向にあるので注意が必要な疾患と考えられています。

淋菌に感染した場合には、様々なトラブルが起こる事が知られていますが、その症状は時にわかりにくい事があります。男性の性器に起こる症状は尿道の炎症です。勃起時や排尿時に非常に強い痛みを引き起こす事が多いのですが、初期症状に乏しく、無症状のまま過ごしている方も数多くいます。咽頭の淋菌感染も初期症状が乏しい事が知られている疾患です。初期症状は喉の痛み、痰、喉の違和感程度のもので、人によっては痛みや不快感を感じ無いまま過ごしている人もいます。初期症状があったとしても風邪とほとんど変わらないのは非常に困ったもので、自分が病気にかかっていると気付かずに感染を広げる大きな原因になってしまうので、注意が必要です。

今すぐできる男性の淋病への対策

淋菌は女性に感染させてしまうと骨盤内の炎症を引き起こしてしまい不妊症や子宮外妊娠等の厄介な問題の原因になってしまいます。淋菌に感染している事が判明した場合には適切な治療を行う事で感染を回避できるので、早期の発見と早期の治療が重要です。

性感染症の検査は非常に簡単にできる検査ばかりなので、これまでに性感染症の検査を受けた事が無い方は、一度は検査を受けるようにすると良いでしょう。男性の性感染症の検査は性病科や泌尿器科で検査ができるので、不安に思われている方はすぐに受診するように心がけてください。

市販薬などの自己診断はこんな危険性があります

ノロウイルスの症状を緩和するために吐き気止めや下痢止めを服用される方がいますが、これはかえって症状を重くしてしまいます。ウイルスを体外に完全に出すために下痢止めを使うのは慎重になる必要があり、どのような薬を使うべきか、どのように対処すべきなのかは全身の状態や免疫状態を考えながら慎重に判断しなくてはなりません。独断で薬を使ったり独断で体調管理をすると症状を長引かせる原因になるので、極力早めの対応が肝心です。ノロウイルス感染症でお困りのさいは是非一度医師にご相談ください。