新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・性病科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

咽頭クラミジア

  • 咽頭クラミジア

放置しておくと怖い咽頭クラミジア

咽頭クラミジア

咽頭クラミジアは喉にクラミジアという微生物が感染してしまうことで起こる感染症です。実は最近になり徐々に感染が拡大していることが指摘されていて、注意が促されている感染症なのです。

咽頭クラミジアは症状がほとんどなく、初期症状として知られているのは喉の腫れ、扁桃腺の腫れ、咳、発熱、痰などのほとんど風邪と見分けがつかない症状です。このため、喉のクラミジア菌の感染に気がつかず、放置して感染を広げてしまうケースが増えているのです。病院などでも喉の性病の検査をすることは滅多にないので、咽頭クラミジアの可能性を考えながら自主的に検査を申し出ないと咽頭クラミジアと判断がつかないケースが大半なので、注意が必要です。

今すぐできる咽頭クラミジアへの対策

咽頭クラミジアによく似た病気に扁桃腺炎や咽頭炎などの喉に細菌やウイルスが感染することで起こる病気が知られていますが、これらの病気と症状だけで病気を区別することは非常に難しく、やはり定期的な検査がどうしても必要な疾患です。

咽頭クラミジアの主な感染経路はオーラルセックスで、口を使った性行為やディーブキスなどを通じて感染が拡大します。相手の唾液の内部にクラミジアが混在していると感染の可能性が高くなるので、注意が必要になります。クラミジアが喉に感染した場合には無症状でそのまま感染が続いてしまうケースばかりなので、大半の方は性器のクラミジア感染しか症状に気がつかず、喉のクラミジアの治療を放っておいてしまうことがあります。このため、自分だけでなくセックスパートナーにクラミジアが発見された場合にはすぐに治療を行い、喉と性器両方の感染の有無を確認する必要があります。クラミジアが悪化すると不妊症の原因にもなるので、女性に感染させないような配慮や敵的に感染の有無を確認する検査を受ける事が非常に重要です。喉にも性病の細菌が感染するというのはあまり広く知られていないので、オーラルセックスをするときに感染に無防備になってしまう事があります。定期的に喉の病気の検査を受けるように心がけましょう。