新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・性病科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

排尿時の痛み

  • 排尿時の痛み

放置しておくと怖い排尿時の痛み

排尿痛み

排尿時の痛みを感じた時にはなんらかの異常が起こっている事を疑う必要があります。特に頻繁に見られる原因としてあげられるのが、腹部の内臓や、尿道などを含んだ外部生殖器の異常です。痛み方によって考えるための原因が変わってくるので、症状と原因をしっかりと整理して考える事が重要です。

排尿時に下腹部に痛みを感じる場合には膀胱の炎症や前立腺の炎症を疑う事ができます。膀胱炎や前立腺炎などの腹部の内臓に炎症が起こる疾患は細菌が侵入する事で起こる炎症だけでなく、自己免疫の異常が原因で起こる炎症など、様々な要素が原因となって起こる排尿時痛があり、様々な病気を想定しなくてはいけません。このほかにも腎臓でできた結石が尿道に詰まってしまう事で起こる尿路結石なども排尿時に強い痛みを引き起こす病気として知られていて、非常に多様な病気が想定できるのです。下腹部が痛む場合にはこのような疾患を疑い、すぐに治療を受ける事が重要です。

今すぐできる排尿時の痛みへの対策

排尿時に尿道や陰茎に痛みを感じる場合には性感染症の原因菌のクラミジアや淋菌の感染を疑わなければなりません。淋菌やクラミジアに感染すると尿道を通じて前立腺の炎症や尿道の炎症を引き起こすので、炎症が重症化してきた時には尿道から膿が出てきます。このような症状が出てきた時には勃起時にも強い痛みを感じるので、性交渉にも支障をきたしてしまう事があります。

排尿時に痛みを引き起こす疾患の中には女性の不妊や男性の不妊を引き起こすような細菌もいるので、長期間放置を続けると将来にわたって様々なトラブルを引き起こす事があります。このため、症状を放置せず、早期の検査と早期の治療を心がけるのが重要なのです。

性感染症の検査や泌尿器の検査というのはあまり馴染みがないものばかりかもしれません。しかし、性感染症の検査は自分の感染をほかの人に広げないようにする上で重要な役割を果たしています。自分の病気の状態や、自分の健康を守るためにも定期的に検査を受け、しっかりと治療を受けるように気をつけましょう。