新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・性病科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

男性のコンジローマ

  • 男性のコンジローマ

放置しておくと怖い男性のコンジローマ

コンジローマ

男性の生殖器に起こるトラブルでよく問題になるのがイボのようなできものです。フォアダイスなどのように皮膚の下にできた皮脂腺が目立ったものであれば放っておいても問題にはならないのですが、実は中には皮膚のブツブツの正体が病気だったということがあるので注意が必要なのです。

皮膚のブツブツで問題になるのが尖形コンジローマです。尖形コンジローマはヒトパピローマウイルスというウイルスが原因で起こる感染症で、いわゆるイボを作るのと同じウイルスが原因になっている疾患です。尖形コンジローマが発症すると陰茎や亀頭にイボのようなブツブツが発症し、やがて大きさが徐々に大きくなっていき見た目が大きく変化してしまう病気です。イボの形はカリフラワー状になり、適切な治療を行わなければ症状が悪化していきます。

尖形コンジローマは性行為を通じて女性の生殖器にもウイルスが感染してしまいます。女性も男性と同じように陰部にブツブツとしたイボがたくさん出てきてしまうので、感染の予防と治療をしっかりと行う必要があります。このため、男性だけが治療をしても病気の解決にはならず、女性の方も同時に治療を進めておく必要があるのです。

今すぐできる男性のコンジローマの対策

尖形コンジローマは再発が多い疾患で、男女ともにきちんと治療を進めてもある程度の割合で再発を繰り返す傾向があります。手術などで焼却除去をしたり、尖形コンジローマ専用のクリームをきちんと使い、再発予防を考えながら治療を進めるのが何よりも重要です。

放置してもイボが完全に消えることはなく、そのまま放置し続けるとひどい場合には陰茎全体にイボが広がり、下着と擦れて出血してしまったり、射精にも悪影響を与えることがあります。尖形コンジローマは肉眼で観察し診断を行うことが一般的なので、特別な検査を行うことなく診断が完了します。診断にも時間がかからず、すぐに治療を受けることもできるので、陰茎や亀頭に異常が見られた場合にはすぐに病院で相談をしてみましょう。