新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・性病科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

B型肝炎

  • B型肝炎

放置しておくと怖いB型肝炎

B型肝炎

B型肝炎はB型肝炎ウイルスというウイルスによって起こる肝臓の炎症で、劇症肝炎という昏睡を引き起こすような激しい肝臓の炎症を引き起こす原因ウイルスとして広く知られています。

このB型肝炎ウイルスの主な症状は体のだるさや発熱といった風邪のような症状に始まり、やがて肝臓が腫れ上がったり全身の皮膚が黄色く見えてしまう横断という症状が出てくることが知られていて、放置をしてしまうと慢性的な肝臓の炎症を引き起こすことがあるため注意が必要な疾患の一つです。

B型肝炎は一般的には自然に治るようなケースがほとんどなのですが、一部のB型肝炎は劇症肝炎という非常に症状が重たい肝臓の炎症を引き起こしてしまうので注意が必要です。劇症肝炎になってしまうと高熱や黄疸などの全身の症状が出た後に昏睡に陥ってしまうことがあり、早急に全身の状態を管理しながら治療を進める必要がある重篤な症状です。放っておくと命に関わるような危険な状態にまで陥ってしまうので、B型肝炎にかからないような工夫や、B型肝炎を広げないような工夫が重要だと言われています。

今すぐできるB型肝炎への対策

B型肝炎は体液を介した感染や血液を介した感染が起こることがわかっていて、コンドームを用いない無防備な性交渉を行った事で感染する可能性が高くなることが知られています。自分がかかっていなくてもこれまでに性交渉を持った相手が感染している可能性があるので、必ず検査をする事が重要な疾患の一つです。

このB型肝炎は今現在は血液検査によって簡単に検査をすることができるようになってきました。血液を採取しB型肝炎の検査をし、感染が判明した場合にはご家族の方の予防接種や、感染者本人の方の治療などの必要な医療的な処置を行うことができます。家族や恋人に感染を広げないためにも、適切な検査を受けることが重要です。B型肝炎の検査は内科だけでなく泌尿器科などのクリニックでも検査をすることができます。これまでに検査を受けたことがない型は是非一度検査を受けるようにしてみましょう。