新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・性病科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

男性の性病科

  • 男性の性病科

放置しておくと怖い男性の性病科

性病科

性病に関する病院というのはあまり馴染みがないかもしれません。性病の治療というのは人には話にくいもので、多くの方はその実態を話そうとしません。性病を治療する性病科は性行為に伴って感染が拡大する数多くの病気の治療に当たっていて、男性の病気の場合のほとんどが泌尿器科の医師が治療にあたっています。男性の生殖器は排尿をする泌尿器としての機能も兼ねているので、生殖器に起こったトラブルは主に泌尿器科で治療することになっているのです。

性病科で治療が行われている病気は淋病や梅毒、クラミジアなどの感染症の治療を行っています。感染を未然に防ぐための治療だけでなく感染してしまった患者さんの治療を行い、さらなる感染を防ぐなどの非常に重要な役割があるので、非常に重要な役割を担っている診療科です。しっかりと感染症を治療し、男性の生殖器に起こるトラブルを解決することは女性の妊娠の可能性を守るためにも役立ちます。病気の広がりを抑えるために、病気に罹ったと思った時にはしっかりと治療を受けるようにしましょう。

今すぐできる男性の性病科の活用

男性の性病の治療をするためにはまず適切な検査をすることから始まります。症状を聞き、血液や尿などを検査し、感染症の有無を調べることで治療を進めるので、実は検査を行うのは非常に重要な意味があるのです。性感染症の中にはほとんど初期症状がわからないような病気が数多くあり、このような疾患の診断を下すのは非常に難しいものです。このような症状がわかりにくい疾患の診断には医学的な検査が欠かせません。

性病の検査というのはあまり馴染みがないかもしれませんが、近年様々な性感染症が増加傾向にあり、今後様々な疾患に感染する可能性が徐々に高くなっています。このため、定期的に性感染症の検査を行い、自分がなんらかの病気に感染していないか調べることが重要です。性交渉以外の経路から性感染症に感染してしまうこともあるので、自分には関係ないと思わず、しっかりと治療するように心がけましょう。