新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・性病科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

男性のクラミジア

  • 男性のクラミジア

放置しておくと怖い男性のクラミジア

クラミジア

クラミジアというのはクラミジア・トラコマティスという細菌が感染することで発症する感染症で、クラミジアに感染してしまうと男女ともに生殖器に異常が現れることが知られています。女性のクラミジア感染症は子宮頸管炎や膣炎などの症状が現れ、ひどい場合には腹部の内臓の炎症によって不妊症や子宮外妊娠の原因となることがあるので、性感染症のなかでも特に注意が必要な疾患と考えられています。

女性のクラミジア感染の主な症状は非常にわかりづらいと言われています。オリモノの増加や排尿時の痛み程度の症状しか現れず、気付かぬ間に症状が進行する非常に厄介な病気です。一方、男性のクラミジアは女性よりも症状が現れやすいのですが、残念ながら人によっては症状が現れないこともあり、一概に症状がわかりやすい疾患とは言えません。このため、男女ともに「症状がわからないこともある」と警戒をする必要がある疾患と捉えておくのが重要なのです。

今すぐできるクラミジアへの対策

クラミジアは、検査をして病原体の存在を確認することで抗菌薬を使った治療をすることができます。このためには症状がわかりづらくとも定期的に検査に出向き、自分が病気に感染していないかを確認することが必要です。クラミジアはオーラルセックスで感染が拡大する疾患でもあるので、喉に感染したクラミジアにも注意が必要です。

男性のクラミジア感染症は精巣上体炎などの病気を引き起こすことがあり、男性不妊の原因の一つと考えられています。男女ともに不妊症を引き起こす非常に重篤な感染症なので、性感染症の検査だけでなく、喉の違和感を感じたり、原因不明の痰が出続けたりするときには必ず喉のクラミジアの感染の有無まで疑うようにすることが必要です。

性感染症の検査はあまり難しいものではなく、性病科ですぐに検査してもらうことができます。検査結果が出るまではある程度の期間がかかりますが、肉体的な負担は非常に少ない検査です。自分だけでなく、自分のパートナーを守るためにも定期的に検査を受けるように気をつけておきましょう。