新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・性病科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

性器ヘルペス

  • 性器ヘルペス

放置しておくと怖い性器ヘルペス

性器ヘルペス

ヘルペスウイルスというウイルスに感染して起こるのが口唇ヘルペスと性器ヘルペスです。ヘルペスウイルスには1型と2型の2種類があり、それぞれ口唇ヘルペスと性器ヘルペスの原因ウイルスとして広く知られていました。このように場所に応じて感染するウイルスが異なるというのはウイルス疾患ではよく見られることなのですが、最近になり口唇ヘルペスと性器ヘルペスウイルスが互いに逆の場所に感染する例が増え、注意が促されています。

性器ヘルペスになると正規の周りに水疱ができ、これが破れることで痛みのある潰瘍ができます。この潰瘍は非常に強い痛みを伴い、排尿時や下着の接触や着席時に痛みを感じたり、人によっては性行為に支障をきたしてしまうことがあるので、注意が必要な疾患です。水疱が破れるとウイルスが拡散するので、セックスパートナーにもヘルペスウイルスを感染させてしまいます。このようなウイルスの感染症は一度感染すると免疫力による回復を待つしか回復手段がありません。ヘルペスウイルスは特別に人体の中にあるウイルスが増えるのを防ぐことはできるのですが、ウイルスそのものを無力化する手段はなく、薬を使って根治するのは非常に難しいのが現状です。このため、ヘルペスウイルスを人から感染しないようにし、自分が感染したとしても人に感染を広げないような工夫をすることが重要なのです。

性器ヘルペスのウイルスが口唇ヘルペスの原因ウイルスとして発見されだした原因はオーラルセックスによるものと考えられています。もともと口唇ヘルペスウイルスを保有している人の唇に新たに性器ヘルペスの原因ウイルスが付着すると二つのウイルスの両方の性質を備えたウイルスが作り出される可能性があり、実はオーラルセックスを介した感染に注意しなければなりません。

今すぐできる性器ヘルペスへの対策

ヘルペスに感染している場合には適切な治療で症状を抑える必要があり、医師の協力の元で正しい対応をすることが求められます。性器ヘルペスの症状でお困りの場合には決して放置することなく、適切な治療を受けるように心がけてください。