新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・性病科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

陰部のかゆみ

  • 陰部のかゆみ

放置しておくと怖い陰部のかゆみ

陰部のかゆみ

陰部にかゆみがある場合に性感染症の疑いを持てる方はごく少数だと思います。陰部にかゆみが出てきたときに考えられる疾患にはアトピー性皮膚炎・接触性皮膚炎・白癬菌の感染などの皮膚科で診断・治療が行われる疾患を考える方が多いのですが、実はこれ以外にも様々な性行為によって感染が広がる病気があり、注意が必要だと言われているのです。

陰部にかゆみを引き起こす性感染症の代表はクラミジア・毛じらみ・カンジダなどです。これらの代表的な疾患は非常にありふれた疾患で、現在患者数が増加傾向にあると言われています。これらの感染症のうちカンジダ菌は非常にみじかな信金で、健康な人の皮膚にもカンジダ菌が発見されることがあるので、注意が必要です。健康な状態であれば問題ないのですが、体調の変化や、環境の変化に合わせてカンジダ菌が繁殖してくることがあるので誰でも発症する可能性があります。

クラミジアと毛じらみは主に性交渉によって感染が広がる疾患で、感染している方が性交渉を持たれると男女の間で感染が拡大していくので注意が必要な疾患です。クラミジア感染症は男性の方がやや自覚症状がわかりや水のですが、自覚症状が現れない方も多く、ほとんど無症状で過ごす人もなかにはいます。一方、女性の場合は男性よりも自覚症状がわかりづらいことが多いので、実は男女ともに非常に発見が難しい疾患と考えられています。感染後に尿道炎や子宮頸管炎などの症状が出てきてしまい、ごくまれにですが、流産や不妊の原因になるので注意が必要です。最近ではクラミジアが咽頭部に感染をする事で喉の炎症を引き起こす事が知られていて、オーラルセックスを介した感染症にも注意が必要だと言われています。

今すぐできる陰部のかゆみへの対策

性感染症を持っていると出産時に子供に感染をさせてしまう事もあり、新生児肺炎や新生児の結膜炎などの病気の原因になる事があります。初期症状が乏しくなかなか発見と治療が難しい疾患ですが、適切な検査を受け、しっかりと治療を受ければ大半の場合では症状が改善する病気ばかりです。

これまでに一度も性感染症の検査を受けた事が無いというのは実は大きなリスクを抱える事になってしまいます。早期発見と早期治療を心がけ、一度は検査を受けるように心がけましょう。