新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・性病科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

トリコモナス

  • トリコモナス

放置しておくと怖いトリコモナス

トリコモナス

トリコモナスという微生物に感染して起こるのがトリコモナス感染症です。トリコモナス感染症は男性ではあまり症状が顕著に現れず女性のみがわかりやすい症状を引き起こす感染症です。

男性にトリコモナスが感染するとごく少量の分泌物の増加や排尿時の痛みなどの症状が現れることがありますが基本的にはあまり目立った症状が出てくることはありません。男性にトリコモナスが感染した時には尿道や精嚢や前立腺にトリコモナスが感染すると言われていて、前立腺炎や前立腺ガンのリスクを高めると言われています。尿道にだけ感染しているのであれば排尿時に尿道が洗い流されてしまうので特に治療をしなくても治癒してしまう可能性はありますが、基本的には前立腺のトラブルなども併発している事が多いのでなんらかの治療が必要になる事が大半です。

今すぐできるトリコモナスへの対策

トリコモナスに感染した事が判明したら原虫を殺す薬を服用する事で治療が完了します。性交渉を持っている相手にも治療が必要になるので、必ず自分だけでなく相手にも治療を行うようにしましょう。

トリコモナス原虫は膣内や尿道内だけでなく肛門に生息する事もあるため、ホモセクシュアルの方同士の性交渉の時にも感染の可能性が有ります。また、尿道や膣の分泌物の内部にトリコモナス原虫が住み着いているため、手について分泌物を介して外陰部に感染が広がってしまったり様々な感染経路を考える事ができる病気です。男性の場合は特に症状がわかりにくいので、性交渉を持っている相手がトリコモナス感染症を患っているとわかった時にはすぐに検査と治療を受けるようにしましょう。検査は尿道の分泌液を採取し、顕微鏡で動いているトリコモナス原虫を確認する事で診断ができるのですが、時には原虫が見つからない場合もあるので、必要に応じて何度か検査を行うと良いかもしれません。自分だけでなく、性交渉を持っている相手にも感染のリスクがあるので、しっかりと治療を受けるように心がけましょう。