新宿西口徒歩1分、新宿駅前クリニック・性病科が監修しています

(新宿区西新宿1-11-1河野ビル3F)

新宿駅前性病科

新宿駅前クリニック
診療時間と場所ご案内

 
10:00-14:00
15:30-19:00

休診日(土日祝日)

【受付終了時間】診療終了時間の15分前まで ◆ 初診の方は、18時までの受付になります。
ご都合のよろしい時間にご来院ください(予約不要)

11時~13時45分までは比較的空いております。18時以降は混雑する場合があります。

地図

1Fがセブンイレブンのビルの3Fです。アクセス詳細はこちら

にきび

当院についてのご案内

◆当院は新宿区西新宿(新宿西口ヨドバシカメラそば)にあり、新宿西口、新宿南口、新宿東口にお勤めの方、新宿区以外にも、渋谷区、中野区、文京区、杉並区などの都内23区内にお住まいの方、新宿駅をよくご利用される方、アクセスが良いため、渋谷駅、恵比寿駅、池袋駅、新橋駅などからも通院いただいております。
お仕事帰りの方でも通いやすいように、夜19時まで夜間診療しております。
新宿という土地柄、新宿東口、新宿歌舞伎町などの歓楽街にあると思われる方も多いかもしれませんが、当院は新宿区西新宿1丁目にあり、新宿センタービルや新宿野村ビルなどが近隣に立ち並ぶオフィス街になりますので、安心してご利用いただけます。
男性の性病科(性感染症内科)では、男性の性病、性病検査、尿道炎、クラミジア(尿道、咽頭)、淋病(尿道、咽頭)、コンジローマ、亀頭包皮炎、梅毒、エイズなどの病気、排尿時の痛み、違和感、かゆみ、陰部の痛み、違和感、かゆみ、尿が濁るなどの症状を、予約不要で保険診療しており、1日50人以上の方が来院されます。
医師の指名や、担当医師の変更も可能ですので、受付にお伝えいただくか、問診票にお書きください。
当院では、皮膚科、内科などもございますので、何科にかかっているのかは、他の患者様にはわからないので安心しておかかりになれます。診察は、個室の診察室で男性医師ののみの診察になりますので、プライバシーも守られております。看護師は同席しません。
男性の性病に特化して診療しており、保険診療、自由診療ともにおこなっております。
クラミジア性尿道炎、淋菌性尿道炎、細菌性尿道炎の費用は、保険診療(3割負担)での目安は、クリニックで診察料・検査料で3000円前後、調剤薬局で薬剤料(1週間分)などで2000円前後になります。

◆なお、自由診療は、診察料0円、クラミジア検査3000円、淋病検査3000円、梅毒検査3000円、エイズ検査5000円、クラミジア治療薬(1週間分)9000円、淋病治療薬(1週間分)9000円になります。すべて税込の料金設定になります。

◆保険診療および自由診療であれ、検査結果の信頼性を担保するため、検査会社に依頼して外注検査をおこなっているため、即日検査はおこなっておりませんが、必要性があれば、即日治療開始しております。クラミジアや淋病などの尿道炎で、痛みや膿でお困りの症状があれば、検査結果が出るまで待つことなく、治療開始しますので、ご安心ください。

◆女性の性病は、当院では診療しておりませんので、女性の性病を、専門的に診察しているレディースクリニック、婦人科、性病科におかかりください。

◆男性の性病科受診される方は、社会で活躍されているご多忙な方が多いです。そのため、予約手続きや、予約時間を気にすることなく、いつでもおかかりになれるよう、ご予約不要にしております。クリニック受付へいらしてください。問診票もありますので、医師に話しにくいことも、伝えやすいです。
緊張されることなく、内科や皮膚科にかかる感覚で、性病科(性感染症内科)におかかりになれるよう努めております。


【性病とは?】
性病とは正しくは「性感染症」です。
同じように性感染症にかかっている相手との性交渉によって感染するものなので、性病にかかっていないパートナーとの性交渉では感染することはありません。
不特定多数の相手や、あるいは風俗等で感染するケースが多い病気になります。
性病にならないためには性病ではないと安心できるパートナー、あるいは性病検査をしている安心できる相手との性交渉を徹底すべきです。
しかし、風俗の場合はいくら性病検査を行っているとしても、その後性病を持ったお客さんを相手にした女性は感染してしまい、その女性との性交渉にて性病が感染する可能性があるので、風俗にて性病を完全に回避することは難しいです。

【性病が疑われる症状】
性病はかかったかどうかは自分では判断しにくいものです。
性病の経験がある方でも、前回と違う症状のケースもあるだけに、怪しいと思ったら病院にて性病検査を受けることが確実ですが、いくつかの兆候もあります。

・尿道から膿がでる
・排尿時に違和感や痛みがある
・亀頭や陰茎が腫れて潰瘍や痛みもある

【性病の種類】
一口に「性病」と言っても性病も種類があります。
有名な性病は以下になるので兆候も含めて覚えておきましょう。

・クラミジア
性病の中でも比較的有名な病名で、感染してから発症するまで数日から数週間程度かかります。
男性の場合は尿道に違和感や痛みを覚えるものの、まさか性病だとは思わなかったというケースもあります。
女性の場合、症状が全くなくクラミジアだと気付かない方も多いです。

・淋病
オーラルセックスによって感染することが多い性病で、クラミジアと比べて感染からの発症期間が短い点が特徴です。
早い場合、2日ほどで症状が確認されます。男性の場合、排尿時に痛みが伴うと共に膿も出ることがあります。
一方女性の場合、おりものが多くなったり痛みを感じたりすることもありますが、気付かないケースがあります。

・性器ヘルペス
男女ともに性器や周辺に小さな水疱が複数発生し、痛みや違和感を併発します。
性器ヘルペスは一度感染してしまうとウイルスを死滅させることができないため、再発のリスクを抱えることになります。
再発を抑える治療もありますが、かからないことが何よりも大切です。

・梅毒
梅毒の厄介な点は感染から発症までの期間が長い点です。
長い場合、数か月程経過してから発症するので、当の本人も事態を呑み込めないケースが多いです。
性器にはしこりができたり、やがては全身に斑点ができてしまいます。
他の性病と比べると強い痛みという分かりやすいシグナルが出にくいため気付きにくい点も難点です。

【性病の治療や性病検査を受けるなら】
性病はいずれも厄介なものです。
それだけに、性病なのではと思ったらすぐにでも性病検査を行うと良いでしょう。
新宿駅前にある当院泌尿器科(性病科)では予約不要でいつでも性病検査が行えます。
新宿駅から徒歩1分の立地なのでアクセスもよく、思い立ったその時に性病検査が行えますので、お気軽にお越しください。
症状が症状なだけに、プライバシーを気にする方も多いかと思いますが、当院では新宿という土地柄、様々な事情の患者様がいらっしゃいます。
そのため、診察も個室で女性看護師がいない状況でおこなわれ、プライバシーを意識したものとなっています。
新宿近辺に働いている方や、新宿に用事があって足を運んだ方までお気軽にお立ち寄りください。

【性病検査のよくある質問】
・その場ですぐに結果がわかるんですか?
性病検査の結果は、新宿駅前クリニックでは後日WEB上から確認できますので、結果を聞くためだけにわざわざ来院していただく必要はありません。精密検査のため、検査会社に外注しております。即日検査は精度に問題が生じる可能性があるため、実施しておりません。

・性病になって恥ずかしいので病院に行くのも恥ずかしいです。
当院では性病で悩んでいる患者様が多数お越しになられていますので、我々にとっては性病であれ「患者様」である点を意識した診察を心掛けています。
女性看護師を入れないなどプライバシーにも配慮していますし、何より性病は風邪や熱のように放置していてすぐに治りません。
恥ずかしい気持ちもよく分かりますが、一度性病検査をすることお勧めします。

・保険証は必要でしょうか
初診の場合は、保険診療ご希望の場合、保険証をお持ちください。
自由診療になるか保険適用診療になるかは、問診や状態を確認してみないと分からない点もありますので、保険証をお持ちください。その性病を疑わせる症状であれば、保険適応になります。保険適応できる場合は、保険適応を選択しておりますので、ご安心ください。
但し、症状が全くない、保険証がお持ちではない患者様の場合、自由診療になります。

・なぜ予約制ではないのでしょうか?
当院は予約制ではありませんので好きな時に来院ください。
新宿という場所柄、とにかくすぐに診察してもらいたい患者様や、時間がなく急に診察してもらわなければならなくなったという患者様もいますので、予約制ではない方が多くの方のニーズに応えられると考えています。

院長より

当院は、新宿駅西口 1 分のオフィス街にあり、働いている方でも、昼休みや仕事帰りに おかかりになれますようにご予約不要で夜 7 時まで診療しております。時間がなくて病院へ行けない方や、 自宅近くにあるクリニックの診療時間があわない方もおかかりいただいております。 当院を受診して良かったとおっしゃっていただけますように、わかりやすい丁寧な診療を こころがけております。なお、ご不明な点などございましたら、お気軽にお電話にてご連絡ください。

検査結果をWEBで照会できるシステムを導入致しました。
院内のネットワークを介して、迅速な情報提供ができるようになりました。下記ボタンからご活用いただけます。

性病科の病気サイトからのお知らせ

2018/10/09
10月は、通常通りの診療となります。
インフルエンザ予防接種を2018年10月1日から開始いたしました。1回3000円(税込)で予約不要です。接種ご希望の方は、受付時間内にお越しください。

男性の性病科専門サイトについて
この病気や症状は何科にかかればいい?
男性の性病科でよく診療する病気や症状をまとめておきましので、参考にしてください。

男性の性病科(性感染症内科)で診察する病気の悩み
 尿道から膿がでて、クラミジアかかったようだ
 新宿歌舞伎町のお店に行って、淋病をうつされた
 尿道炎が、なかなか治らない
 泌尿器科で、コンジローマと診断されたけど、治りが悪い
 彼女がカンジダで、うつされた
 保健所の梅毒検査にひっかかった
 エイズになっていないか心配
 通販の性病検査キットで、尿からクラミジアが検出されてしまった
 のどがいがいがして、咽頭クラミジアっぽい
 泌尿器科で診断された亀頭包皮炎が治りきらない
 妻が妊娠で、クラミジア陽性と出て、疑われてしまっている
 新宿の風俗店に行ったあとから、下腹部の調子が悪いので、性病が心配
男性の性病科(性感染症内科)で診察する症状の悩み
 おしっこしてて違和感を感じる
 あそこの周りがかゆい
 皮が弱いせいか、よく腫れ上がってしまう
 パンツに膿がつく
 竿の皮が切れて、出血しやすくて痛い
 虫みたいのが、毛についているような
 不特定多数の女性と性交渉しているので心配
 風俗店に行った後から、のどが痛くなってきた
 ネットで症状を検索すると、性病が怖くなって、不安でしょうがない
 性行為は本当にしてませんが、性器にかゆみと痛みが出てきた